施工ギャラリー

レクサスIS 右側面の鈑金塗装

レクサスIS 右側面の板金塗装で入庫致しました。停車中に右から車がぶつかってきてしまい100:0の被害車両です。加害者側の保険を使用し修理致します。代車の方は弊社のレクサスをお客様には乗ってもらいます。

まずはバンパー、ヘッドライト、フェンダー、ドアなどのパーツを取り外し、パネルの内側にある車の骨格を修正していきます。そこまで強く当たっているわけではありませんでしたが、周りに波形している損傷もしっかりと治すため、ぶつかってきた方向とは逆方向にジワジワと引っ張っていきます。一気に引っ張りだし雑な仕事にならない様に注意します。  

 

綺麗に面を慣らしていきます。パーツも組み付ければ見えなくなりますが「見えない所に美学あり!!」しっかりと綺麗に修正していきます。

 

修正後は下地剤を塗装し、密着性と防錆力をアップさせます。塗装が赤色の為、ピンク色の下地剤を塗装し、赤色が綺麗に再現できる様にします。

 

フェンダーやドアはレクサスの純正部品を取り寄せて、隙間や閉まり具合を確認するために一度仮組み致します。チェックが終われば、パーツをもう一度外し塗装作業にバトンタッチです。

 

外したパーツは、まずはそれぞれ下地作業に入っていきます。新品パーツは色付きでは無いため、フェンダーやドア類は写真のような黒色のプライマー状態で入荷します。さらに防錆力と塗料の密着力をアップさせ、スムーズな面にするためにも下地剤を塗装し、研磨していきます。時間を要しますが、この作業をやるやらないとでは仕上がりや経年劣化が大違いです。塗装されるとわからないため、しっかりと下地処理をしているショップを選ぶのは必須です。こちらも先程と同じく、ピンク色の下地剤を塗装し、赤色が綺麗に再現できる様にします。下地剤をしっかりと乾燥させ、本塗り塗装に入ります。

 

本塗り塗装後のボディーの裏側です。表だけではなく、裏側もしっかりと塗装します。通常はドアの内張に隠れている部分になりますので、車屋さん以外は中々見る機会がない部分ですね(笑)

 

ボディーも塗装します。レクサス純正の赤色をしっかりと再現するために、熟年の塗装職人が時間をかけ塗料を調合していきます。調合した塗料をムラが出ないように塗装し、クリア塗装をします。修理したかどうかわからなくするための腕の見せ所です!!

 

塗りあがったボディーです。フロントガラスも外して、内側までしっかりと塗料が密着する様にしています。この後は磨き工程〜組み付け工程に入ります。

 

全ての作業が終了したレクサスISです。事故の被害を受けてしまった車両には見えませんね!塗装したパネルはツヤツヤになるため、関係のない隣接パネルも磨いて違和感がないように仕上げております。また、セラミックコーティングを施工されていた為、弊社のセラミックコーティングCeramicProを作業箇所にしっかりと施工しております。入庫した時より綺麗になって、お客様からも感激のお言葉を頂きました!!作業スタッフもお客様の喜ぶ顔を想像して作業していますので、とても喜んでいました。

 

コーティングのみの依頼も受け付け可能です!4層以上、液剤を塗り込み強固な膜を形成します。今までコーティングに満足できなかった方や愛車を長く待ちたい方にお勧めです。

CeramicProはこちらhttps://www.ceramic-pro.jp

性能動画はこちらhttps://www.youtube.com/watch?v=0ZnEOkjlrVU&t=25s

 

沖縄県のレクサスの鈑金塗装もガレージハウスにお任せください!!有り難うございました。